小さい頃の夢は花嫁

小さい頃の夢は花嫁

小さい頃、テレビなどで見た花嫁さんに憧れたことはありませんか?
私は子供の頃に見た花嫁さんにとても憧れていました。
綺麗な純白なドレスを着て、色とりどりの花束を持ってヴァージンロードを
歩く女性は大変綺麗に見えたものです。
今でもあの時見た花嫁さんは忘れていませんし、自分もそうなりたいという
思いがあります。
しかし現実問題、綺麗な花嫁さんになるには努力が必要です。
綺麗を保つには自分で自分を磨き続けなければならないし、自分の手が回りきれない
ところはエステサロンなどにいって磨く必要があります。
そして一番必要なアイテムは、やはり純白のドレスです。
もちろん自分に似合うデザインであることが大事ですが、自分だけでは判断しづらい部分が
ありますよね。
ですので彼にも見てもらって、最高の一枚を選びたいものです。
自分も気に行って彼も気にいっていれば、きっと最高の日になるでしょう。
小さい頃からの夢を叶えることができるので、後悔のない結婚式を挙げたいですね。